横浜市環境技術協議会(略称:横環協)は、横浜市内に本拠地があり、環境計量証明事業を経営基盤としている会社により「環境調査・分析に関する技術向上と社会貢献を図ること」を目的に設立しました。

横環協では、公共事業はもちろんのこと、工場・事業所の排水・排ガス等の大規模な測定・分析から、最近ではアスベストやシックハウスの測定、また変圧器内のPCB分析などの分析にいたるまで、あらゆる環境問題に対応できる体制にあります。

例年、横浜市環境創造局環境科学研究所のご指導のもとに、精度管理(クロスチェック)や技術研修会を行うなど、日頃より技術の向上・研鑚に努めております。

また平成11年には、横浜市と「災害時における有害化学物質調査の協力に関する協定(注)」を締結しており、精力的に社会貢献にも努めております。

今後も、関係官庁のご指導のもと会員各社の技術向上、新規業務のための講習会、研修会を実施するとともに、環境計量証明事業のさらなる発展に努力していきたいと思います。

また、市民との協働活動にも積極的に参加していく所存です。

何卒、よろしくお願い致します。


横浜市環境技術協議会

                代表幹事    増田 健一


();協定書は、原文を掲載している関係で、横浜市の市長名及び部局名は平成11年締結当時の名称であり、
現在の部局名とは異なります。
  

                 
技術研修会
防災協定
ボランティア
ボランティア